【役に立つキャリア情報】㉕年功序列が損をする

Ⅲ 役に立つキャリア情報
運動×勉強で文武両道!理想のキャリアをつくろう!

「文武両道が人生を変える!」
こんにちは!rasuです!

本日はこちら、「年功序列が損をする」というお話。

耳にはするけど、年功序列って何?ということから。
年功序列というのは「年齢が上がるごとに役職や給料が上がっていくシステム」のことです。
日本の会社は昔からこのシステムを取っております。
つまり、よく言えば「長く勤めればいいお給料がもらえるシステム」である一方で「若手のうちに努力をしても給与は対して変わらないシステム」ともいえるかと思います。

実際にrasuが5年間勤めた会社は典型的な年功序列の会社でした。
そこで今日はrasuの経験談を交えて書いて行きたいなと思います。
おそらく、年功序列の会社にお勤めをされているのであれば、自分の感じていることはあてはまっているのではないかと思います。
今後の会社選びや考え方の参考にしていただければと思います!

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

①慣れてくるとモチベーションが上がらない

新入社員の時は全く文句はありませんでした。
しっかりと研修制度を用意頂き、教えてもらいながらお金を頂いておりましたから。
むしろ会社というものに感謝をしているくらいでした。

しかし、2,3年経ってくるとこう感じるんですね。
全然給与が上がらない。なのに、任される仕事がなんか増えてきた、、、
2年目からはおまけに住民税が乗っかってきますから生活水準はそんか変わらないのでは?(笑)

当然仕事をまかされてくると上司にきちんと報告をしなければならないですし
同じことばかりルーティン作業のようにやっていたら「自分なりに工夫してみた?」って言われる始末。
若手のモチベーションはやりがいも大事かもしれませんが、給与は大事です。
自分から工夫しても大して評価に反映されないのであればやる気が起きませんよね。

ありがたいことに評価を頂いていた時もありましたが、それでもボーナスの5万円上乗せくらい。
これならいつも通り仕事をしているのでも良かったのでは?と思っていたのを思い出しました。

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

②仕事しないおじさん登場

50代後半くらいの年齢になると定年退職を意識してか、仕事に手を抜くおじさんが登場します。
しかも給与は若手の倍近くもらっているんじゃないかというくらいの高給取り。
企業としても責任の重たい仕事を任せるわけにはいきませんから、こんな人が出てくるんです。

俺も昔はがんばってたんだぞ。昔はな、、、、こうでこうで、、、
出た、過去の栄光をやたらと自慢するおじさん。結構です、、、って感じでした。

そういうおじさんほど、もうすでに高給取りでリスクを取ることを嫌いますからやめないんですよね。
若手が頑張って、会社が回る構図。結構な会社が該当するのではないでしょうか。

10年後にはおそらくほとんどの会社がおじいちゃん企業になっていることでしょう。
若手の雇用の流動化が進む中で、どう対応するのか気になるところですね。

③少し刺激のある会社がうらやましくなる


上で述べた点を踏まえて、インセンティブがある会社がうらやましくなるんですよね。
「売った分だけ給料が増える!」
「最大で〇万円まで給与アップ!」
「20代で1,000万円稼げるプレーヤーも!」

大体こういった会社って怪しいところが多いのですが、年功序列の会社では毎月ほぼ同じ給料。
全然モチベーションが上がらないのも無理もありません。
当時は副業が禁止されていましたから、やりたくてもできない状況。
当時の会社に骨をうずめるしか選択肢はありませんでした。

もちろんこういった会社の良さがあって、それは「落ち着いてゆったりした社風になる」ということです。安定した会社に勤めたいのであれば、こういった会社もいいかもしれません。
インセンティブを重視する会社は人を切り捨てる会社である可能性が高いですから、、、
悪いところも述べてきましたが、もちろんいいところもあるんです。

今私はベンチャー企業に勤めておりますが
安定して給料を頂けることのありがたみ」を感じるようになりました。
両極端を経験したといいますか、前職では見えなかった部分が今は見えるようになったのが成長です。
隣の芝生は青いではないですが、他の環境がうらやましくなるのはまさにこのことだなぁと。
もちろん長きにわたって取られている制度ということもあり、よくできているなぁと思います。

年功序列という制度をしっかりと取っている日本いうこの国。
この制度のもとで働いているビジネスマンは非常に多いことでしょう。
では年功序列の会社に勤めており、嫌気がさしている人はどうすればいいのか?
それは転職活動をこっそり始めてみるのも手かと思います。
それで年収が上がるのであれば、すればよいし別に転職をしなくてもよい。
また、こっそり副業をしてみるのも良いかと思います。
お金の大学の両学長の動画を見れば、こういったときの動き方についてわかりやすく説明してくれています!

今日は以上です!
これから会社を選ぶ方、働いている方皆さんがよいキャリアを掴まれることを願っております!

~rasuの哲学~
二頭を追うものは一兎をも得ず?
運動と勉強のルーティンに限ってはそんなことはない。
毎日の日常を懸命に頑張ろうとする人は素晴らしい。
皆さんの夢に向かって、やりたいことにどんどん挑戦しよう。
後悔の無い、最高の人生を歩むためにキャリアを自分の手で切り開こう。
「運動」×「勉強」は「運」を「強」くする!

→→→ 文武両道をこよなく愛するrasuの「プロフィール」はこちらのリンクから! ←←←

運動×勉強で文武両道!理想のキャリアをつくろう!
rasu

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

文武両道を持続する!rasuのおすすめ


※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

上記でも少し触れましたが、転職活動を有効に進めるためにはスキルがあると重宝します。
現在どの企業も欲しい人材として考えているスキルの一つとして「英語力」があります。
代表的な資格としてはTOEICですよね。

こちらです。
1冊を何周もすれば点数アップに非常に貢献できる1冊だと思います。
難易度も中級レベルくらいなので、点数アップを目指している人には良いですよ!
是非つかってみてください!!

資格講座は「STUDYing」がコスパ良く、おすすめですよ!!
簿記は資格の中でもコスパが良い、身につけたい資格です!
3級であれば独学で皆さんが合格できるレベルです。一緒に勉強を頑張りましょう!

簿記講座 - スマホで学べる資格講座 【スタディング】
通勤や家事の合間の時間を勉強時間に。スキマ時間で簿記検定合格を目指す忙しい人のためのスタディング 簿記講座。無料登録は簡単!スマホ・タブレット・PCで受講できる動画講義や問題をぜひお試しください。

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました