【読書を文武両道の柱に】①儲かる10億円ヒット商品をつくる!

中小企業 マーケティング Ⅶ 読書を文武両道の柱に

出典:楽天ブックス: 儲かる10億円ヒット商品をつくる! – カテゴリーキラー戦略 – 村松勝 – 9784863673571 : 本 (rakuten.co.jp)

ブログランキング・にほんブログ村へ 資格受験ランキング マラソン・ジョギングランキング

「文武両道が人生を変える!」
こんにちは!rasuです!
本日は「読書で最強の知識人に」という初テーマを取り上げさせて頂きます。

スタートアップ企業に昨年より参画をし、1年が経とうとしております。
月日が経つのが早いですね。
ただ、1年で非常に多くの経験や知識をつけることが出来ました。
沢山の方への感謝、そして自分の行動力は素直に評価したいと思います!

rasuは並行して読書を大事な習慣として位置付けています。
そこで、自分が読んだ本をブログの購読者の皆さんにも共有をしたいと思い、
このテーマで今後取り上げさせて頂くことに決意致しました。

ジャンルは皆さんのターゲットになるものとそうでないもののバラつきがあるかと思います。
是非興味のあるジャンルを読んでいただき、普段の読書の参考にしていただければと思います!

記念すべき1冊目は「儲かる10億円ヒット商品をつくる!」という本です。
結論から話すとマーケティングに関する本で、中小企業の方向けに書かれている本です。
rasuが現在この立場で仕事をしているものですから、この本を手に取ることにしました。
大企業勤めの方、申し訳ございません。
しかし、大企業勤めの方は逆の立場で物事を考えられるようになりますから、
その意識でこのような本を読んでみるのも良いかもしれませんね!

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

この本からの気づきはこの3点だ!

中小企業の方の大半は、強い製品やサービスを生み出したいという悩みを持っているはず。
なぜなら、他社と戦っていかなければならないし、お客様にも支持をされないといけないから。
マーケティングの本とひとくくりに言ってしまえばそうなのかもしれませんが、
この本は非常に全体を俯瞰して書いてくださっているので、新しい気づきを得ることができます。

①専門性があると強い

出典:専門性をアピールしよう!ホームページで強みを打ち出す方法|オリジナルホームページシード (interrock.co.jp)

企業には必ず「強み」が無ければ、生き残っていくことはできません。
なぜなら、他の会社でも似たような製品やサービスを作っているからです。

これは凄く当たり前のことなのですが、言い換えれば「とある道の専門家であるかどうか」ということでしょうか。自社のカラーをしっかりと打ち出せているかどうかということですね。

この本には歯医者さんの事例が掲載されています。
似たような歯医者さんが同じ町にあるが、「子供向けに入りやすい歯医者さんにしたい」という色を打ち出したことで、そのように認識され、遠方からもお客さんがやってくるようになったとか。
非常に差別化が難しい歯医者さんで見事なポジショニングを行った事例ですね。
子供向けの歯医者さんといえば、、、で連想できると強みになりますよね。

これは企業のみならず、皆さん個人にも当てはめて言えることです。
仕事においても自分の強みを発揮することが重要です。
誰でもできる仕事をこなすことで満足しているのであれば別ですが、自分の個性を存分に発揮することで、皆さんのキャリアが良い方向へ拓けていくはずです。

今日から初めても決して遅くはありません。
○○で強みになろう!と思って行動出来れば、大成長です。
専門性を持った人は強いですよ!自分の個性・強みを発揮できるようになりましょう!

文武両道は大いに差別化できるアクションだと思います。
大谷翔平選手が二刀流で証明してますよね!!

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

②自分の強みは評価してもらっていることが重要

出典:絶対評価と相対評価のメリット・デメリット ~人を成長させる人事評価とは?~ | jinjinews (fournotes.co.jp)

勝手に思い込んで独りよがりになるなということですね。

社内で強みだと思っていても、市場に出してみたら全然評価されない。
こんなケースは少ないように見えて、非常に多いと思います。

逆の立場で考えれば、強みとは思っていないことが意外と評価されていたりするということです。
したがって、まずは評価をしてもらうことが重要ということですね!

面接で強みを上手く伝えられなかったこと、評価面談で自分のスキルが思ったより評価されていない、そんな経験はありませんでしょうか?そうです。これも個々人にあてはまる重要な点です。
強みを伝えるためには、自分の専門知識を生かして詳しく伝えたい気持ちになってしまいますが、意外と相手に簡単に伝えるのは難しいのです。
小学生でもわかるくらい簡潔に伝えられるとベストですね!

話は戻りますが、まずはアクションを起こして自分の立ち位置を知り、強みの確認をする。
そして強みをうまく伝える練習をする。

これを繰り返していくことが重要です。
小島よしおが息が長いのは、偶然ではなく、必然なんですね。
本人が子供をターゲットにした芸人になろうと意図してあのような芸風になったそうです。
こういった具体的な事例をこの本からも学ばせてもらっています。大変わかりやすいです。

③周りが応援したくなるビジョンを!

出典:【解説】ビジョンとは? 「ビジョン」の本質と7つの誤解 | Hello, Coaching!

ビジョンとは持っている想いのことです。
自己完結でもよいのですが、何よりも周りから応援されていると更に頑張れますよね!

周りから応援されるということは、期待に応えれば売れるということなんです。
こんなにわかりやすいことってないですよね。
凄く当たり前のことなのですが、これは非常に深いなと思います。

自分たちで作りたいものを作り、わっと驚かせるプロダクト・アウトの発想、
市場のニーズを的確にくみ取り、それに基づいてつくるマーケットインの発想。
マーケティングの観点からはこちらの2つが重要なのですが、やはり後者のマーケットインは基礎ですね。周りから応援されて社内も勢いづき、素晴らしい製品やサービスが出るのでしょう。

皆さんの頑張りはきっと周りは評価しています。期待しています。
ですので、1人だと思わず、期待に応えるぞ!と言う気持ちで突き進んでください。

こういった要素があるからこそ、目標を立てて、他人と共有をするということが非常に重要なんですね。企業と個人は非常に繋がるところがあって大変面白いです。

以上3点の気づきをお伝えしてきましたが、まとめると「個人でどういうキャリアをつくっていくかも立派なマーケティングです。」ということはお伝えできるののかなと思います。
中小企業のマーケティングの本と言えど、共通する部分は多いです。
個人で活動をするととらえれば、中小企業のマーケティングって大いに参考になる部分はおおいのではないでしょうか。
自分ゴトに置き換えて、様々な本を読み取ってほしいなと思います!

本日は以上です!
毎日の皆さんの学習がより良いものになりますように!
一緒に文武両道を頑張っていきましょう!!

~rasuの哲学~
二頭を追うものは一兎をも得ず?
運動と勉強のルーティンに限ってはそんなことはない。
毎日の日常を懸命に頑張ろうとする人は素晴らしい。
皆さんの夢に向かって、やりたいことにどんどん挑戦しよう。
後悔の無い、最高の人生を歩むためにキャリアを自分の手で切り開こう。
「運動」×「勉強」は「運」を「強」くする!

→→→ 文武両道をこよなく愛するrasuの「プロフィール」はこちらのリンクから! ←←←

運動×勉強で文武両道!理想のキャリアをつくろう!
rasu

※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

文武両道を持続する!rasuのおすすめ


※上記ページはアフェリエイト広告を利用しています。

ワイヤレスマウスはすっきりと作業ができるので、大変重宝しています。
rasuは安いワイヤレスマウスはないかと探していたところ、こちらにたどり着きました。
800円で気軽に使えますし、コスパのよい買い物だったように感じます。
ワイヤレスマウスを探している方、安いマウスを探している方、是非検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました